hal photo works

写真とお布団とお酒が好きです

ブログを書くというのはブログだけを書けばいいわけではない

WordPressからはてなにブログを移すにあたって悩んだのは「ホームページ」の問題だ。もともとはホームページがあって、アメブロがあって、FacebookやTwitter、Instagramがあった。ホームページには基本的なメニューとかんたんなプロフィール、各SNSへのリンクのみ。あと申し込みと問い合わせ用のメールフォーム。あまり更新はしていなかったけど、ときどきはここから申し込みがあった。

そのホームページもWordPressで作っていた。WordPress自体をやめるとなると次はどうしよう。ブログにホームページの機能をもたせるか、別のシステムで新しく作るか。

前者のほうがかんたんでわかりやすい。メールフォームもメニューバーも設置できるし、デザイン的にも機能的にも問題ない。ただ、なんか、こう、なんとなくなんだけど、少しだけ仕事とプライベートの距離を開けておきたかった。

ブログには仕事のこともプライベートのことも混ぜて書きたい。はっきり分けて両方運用する余裕はない。仕事だけの記事を更新し続けるのはつまらない。かと言って、がっつり仕事用ブログに個人的なとりとめのない記事が混ざるのもどうかと思う。

書き出してみるとたいへんわがままなんだけど、わがままを通すシステムを考え、採用できるのが個人事業のいいところだ。なのでブログは「お仕事のことを書いてもOKな個人的雑記ブログ」ということにして、お客様向けの入り口は別に作ることにした。

そうだな。つまり1LDKくらいの自宅でお仕事してるイメージだな。ブログはリビングで、ここで接客。人を招く程度には整えているけれど、生活感ありあり。趣味のあれこれも出しっぱなし。インテリアも自分の居心地のよさを重視する。で、玄関先はもっとこざっぱり整えて、自分の好みもなくはないけど、一般的な好感度とわかりやすさが基準。

方針は決まった。さて、ではホームページには何を使うか。独自ドメインを使いたいので有料でけっこう。

グーペとWIXとJimdoで試しに作ってみたんだけど、なんか、やっぱり操作感が気持ち悪い。テンプレートがカッコよくても文章や写真を差し替えるとしっくりこない。機能が多そうに見えて、細かい設定ができなくて消化不良。

結果、ペライチを使うことにした。使いやすさ、できること、もとめる機能、デザインの好み、価格、これらの総合的なバランスがいちばんぴったりだったのだ。

仕事のためのホームページとなるとSEO対策も考えなきゃならんところで、そうなると情報を蓄積・更新しにくいペライチが不利なのは調べてわかったのだけど、とりあえずは自分が納得できて、必要最低限の機能があればいい。

物足りなくなったら作り直せばいいだけの話。別のサービスなりサーバーで作って独自ドメインの設定を変えるだけなので、めっちゃかんたん。

というわけで、ブログを書く前にあれこれ考えていたことの話でした。