hal photo works

写真とお布団とお酒が好きです

嵐による嵐のための嵐

f:id:hal_hpw:20190128001820j:plain

今日は日暮里のスタジオで撮影のアシスタントをして、買い物したり外食したり、帰ってきてからは衝動的に部屋の模様替えをしたくなって、がたがた家具を動かしていた。 
 
ようやっと落ち着いて、さて相葉くんの番組を見ようかなと思ってたところで、嵐の活動休止のニュースを知った。
 
相葉くんの番組も見るどころじゃなくて、第一報であるファンクラブの動画も開く気になれないくらい、ただただ呆然とするばかり。
 
自分でも意外なくらい動揺してしまった。
 
それからTwitter見たり、なんとかファンクラブの動画を見たり、またTwitter見たりしているうちに、テレビで嵐の会見の映像が流れた。
 
いやぁ、嵐はやっぱすごいわ。真面目で誠実で賢くて優しくて仲間思いでファン思いで、スケールの大きさと度量の広さと攻撃力の高さがはんぱなかった。
 
このタイミングでの休止宣言なんて想定外すぎて、「手のひらを返された」と感じるところと紙一重だったのに、結果として「あーもーやっぱ嵐は嵐なんだな!」というところに着地してしまった。私が好きな嵐からびたいち外れていなかった。
 
ファンなんて勝手な妄想と思い入れの塊なんだから、ショックなことがあったら、それはもう簡単に「こんな人(たち)だとは思わなかった」とネガティブになってしまうものだけれど、これだけの大事件においても、まったくそんな風に思わせないでくれたのは本当にすごいことだと思う。
 
最高に「嵐、強ぇぇぇ!」と思ったのは、活動休止のきっかけがリーダーの発言だったと明言したこと。普通こういうのって曖昧にするもんですよ。曖昧にして外野がなんやかや勝手に書き立てたり、ファンがギスギスするのを、今までどれだけのグループで見てきたことか。
   
きっかけをはっきりさせたうえで、決断は5人全員のもの。「1人が悪者だと思われるなら、我々の責任」と言い切った。5人で作り上げた嵐は5人で守る。嵐による嵐のための嵐。そんな姿勢をひしひしと感じた。はぁ。しびれるわー。
 
会見の映像はフジテレビのニュースで見たんだけど1時間15分の番組で1時間まるまる使って、キャスターやコメンテーターの発言も挟まず、ほぼそのままの形で流れたのもスゴイ。こんなことできるんだ!? それだけの実績と信頼を築いてきたのだと改めて思い知ったわ。
   
まぁ、あれですよ。
 
「『トップになりたい』っていう夢、絶対叶えようね」と言った相葉さんが、「また、5人で同じ方向を向いて活動再開させて頂く時は、皆様に喜んで頂ける様なパフォーマンスを出来る様に頑張ります!」とおっしゃるからには、こっちもそのときに最高の形で再会できるように頑張りましょうそうしましょう。
 
っていうか!その前にand moreだけどな!
行くよ!行きますとも!